西村幸男

西村幸男

プロジェクトリーダー
西村幸男 Yukio NISHIMURA, Ph.D.

学歴

日本大学 文理学部
横浜国立大学 大学院 教育学研究科
千葉大学 大学院 医学研究科 博士(医学)

職歴

自然科学研究機構生理学研究所 ポスドク
ワシントン大学客員研究員
さきがけ研究員
自然科学研究機構生理学研究所 准教授
京都大学大学院医学研究科神経生物学 准教授
東京都医学総合研究所 脳・神経科学研究分野 脳機能再建プロジェクト・プロジェクトリーダー

賞歴

2010年 日本神経科学学会 奨励賞
2011年 日本生理学会 奨励賞
2012年 文部科学大臣表彰若手科学者賞
2013年 経済産業省Innovative Technologies 2013特別賞
2015年 日本学術振興会賞-JSPS PRIZE-

業績 List

2022年

  1. Umeda T, Isa T, Nishimura Y. Temporal dynamics of the sensorimotor convergence underlying voluntary limb movement. Proceedings of the National Academy of Sciences, November 21, 2022, https://doi.org/10.1073/pnas.2208353119
  2. Kawai K, Tazoe T, Yanai T, Kanosue K, Nishimura Y. Activation of human spinal locomotor circuitry using transvertebral magnetic stimulation. Front. Hum. Neurosci., 23 September 2022, Sec. Motor Neuroscience, https://doi.org/10.3389/fnhum.2022.1016064
  3. 田添歳樹, 西村幸男. 人工神経接続を用いた脳・脊髄損傷後の身体運動機能の再建. Brain and Nerve. Vol.74 No.9, 1111-1116, 2022
  4. Suzuki M, Nishimura Y. The ventral striatum contributes to the activity of the motor cortex and motor outputs in monkeys. Frontiers in Systems Neuroscience, 29 August 2022, https://doi.org/10.3389/fnsys.2022.979272
  5. Usuda N, Sugawara S.K, Fukuyama H, Nakazawa K, Amemiya K, Nishimura Y. Quantitative comparison of corticospinal tracts arising from different cortical areas in humans. Neuroscience Research, 2022 Jul 1;S0168-0102(22)00189-4. doi: 10.1016/j.neures.2022.06.008.
  6. Nakayama Y, Sugawara S.K, Fukunaga M, Hamano Y.H, Sadato N, Nishimura Y. The dorsal premotor cortex encodes the step-by-step planning processes for goal-directed motor behavior in humans. NeuroImage, 2022 Aug 1;256:119221. doi: 10.1016/j.neuroimage.2022.119221. Epub 2022 Apr 18.
  7. Ninomiya T, Nakagawa H, Inoue K, Nishimura Y, Oishi T, Yamashita T, Takada M. Origin of Multisynaptic Corticospinal Pathway to Forelimb Segments in Macaques and Its Reorganization After Spinal Cord Injury. Front. Neural Circuits, 06 April 2022
  8. 「カールソン神経科学テキスト 脳と行動 原書 13 版」翻訳(丸善出版株式会社) 2022 年 4 月刊行予定 5
  9. Suzuki M, Inoue K, Nakagawa H, Ishida H, Kobayashi K, Isa T, Takada M, *Nishimura Y. A multisynaptic pathway from the ventral midbrain to spinal motoneurons in monkeys. J Physiol, 2022 Feb 5. doi: 10.1113/JP282429. Online ahead of print.

2021年

  1. Suzuki M, Nishimura Y. Nucleus accumbens as the motivation center is essential for functional recovery after spinal cord injury. Journal of Rehabilitation Neurosciences 21:23-28. 2021. doi: 10.24799/jrehabilneurosci.201115
  2. 田添歳樹,西村幸男. 閉回路型脊髄刺激によるニューロモジュレーションの誘導. 運動器リハビリテーション (J.Musculoskeletal Medicine) 32(3) : 255-262. 2021
  3. Sasada S, Kadowaki S, Tazoe T, Murayama T, Kato K, Nakao Y, Matsumoto H, Nishimura Y, Ugawa Y. Assessment of safety of self-controlled repetitive trans-vertebral magnetic stimulation. Clinical Neurophysiology, 2021 Dec;132(12):3166-3176. doi: 10.1016/j.clinph.2021.09.016.
  4. *Sawada M, Nishimura Y. Role of the nucleus accumbens in functional recovery from spinal cord injury. Neurosci Res. 2021, 72:1-6. doi: 10.1016/j.neures.2021.04.006.
  5. Yasutaka Honda Y, Shinya Nakamura S, Kentaro Ogawa K, Rintaro Yoshino R, Tobler P, Nishimura Y, *Tsutsui K. Changes in beta and high-gamma power in resting-state electrocorticogram induced by repetitive transcranial magnetic stimulation of primary motor cortex in unanesthetized macaque monkeys. Neurosci Res. 2021, 8;S0168-0102(21)00052-3. doi: 10.1016/j.neures.2021.02.002.
  6. Kenji KATO, *Nishimura Y. Neurotechnology for Bypassing Damaged Neural Pathway. J Aging Sci. 9(1): 2021, 246.

2020年

  1. 菅原翔, 鈴木迪諒, 西村幸男. 意欲は身体運動に影響を与えるのか. Clinical Neuroscience 別冊. 2020. 36(6), 740-742.
  2. 田添歳樹,加藤健司,西村幸男.人工神経接続の臨床応用.医学の歩み, 2020.275,1271-1274.
  3. Kenji KATO, *Nishimura Y. Artificial cortico-muscular connection via neural interface to regain volitional control of limb movements. Journal of Rehabilitation Neurosciences. 2020. 20(1). 1-6
  4. Suzuki M, Onoe K, Sawada M, Takahashi N, Higo N, Murata Y, Tsukada H, Isa T, Onoe H, Nishimura Y. The Ventral Striatum is a Key Node for Functional Recovery of Finger Dexterity After Spinal Cord Injury in Monkeys. Cerebral Cortex. 2020 May 14;30(5):3259-3270. doi: 10.1093/cercor/bhz307.
  5. Sano N, Nakayama Y, Ishida H, Chiken S, Hoshi E, Nambu A, Nishimura Y. Cerebellar outputs contribute to spontaneous and movement-related activity in the motor cortex of monkeys. Neurosci Res. 2020 Apr 12. pii: S0168-0102(19)30651-0. doi: 10.1016/j.neures.2020.03.010.
  6. Kato K, Nishihara Y, Nishimura Y. Stimulus outputs induced by subdural electrodes on the cervical spinal cord in monkeys. J Neural Eng. 2020 Feb 5;17(1):016044. doi: 10.1088/1741-2552/ab63a3.
  7. 田添歳樹, 兼重美希, 西村幸男. 歩行障害. Clinical Neuroscience, Non-invasive Neuromodulation-基礎・検査・治療. 38巻1号: 80-84. 2020年1月

2019年

  1. 河合一武,田添歳樹,彼末一之,西村幸男. ヒト脊髄歩行中枢の入力出力関係 Input-output relations of the spinal locomotor circuitry in humans. スポーツ科学研究, 16, 49-61, 2019
  2. Kato K, Sawada M, Nishimura Y. Bypassing stroke-damaged neural pathways via a neural interface induces targeted cortical adaptation. Nature Communications 2019 10:4699, doi.org/10.1038/s41467-019-12647-y
  3. Kirin S.C., Yanagisawa T, Oshino S, Edakawa K, Tanaka M, Kishima H, Nishimura Y. Somatosensation Evoked by Cortical Surface Stimulation of the Human Primary Somatosensory Cortex. Front. Neurosci., 2019 Vol13:1019. doi: 10.3389/fnins.2019.01019
  4. Umeda T, Isa T, Nishimura Y. The somatosensory cortex receives information about motor output. SCIENCE ADVANCES. 2019 Vol.5, no.7, eaaw5388.</li>
  5. 横山修, 田添歳樹, 西村幸男. アスリート脳の理解に向けて. Brain and Nerve – 神経研究の進歩. Vol. 71 No. 2, 99-103, 2019

2018年

  1. 鈴木迪諒,中山義久,西村幸男, 精神状態と運動パフォーマンス Clinical Neuroscience別冊 スポーツ神経外傷とアスリートの脳科学 36巻10号:1216-1218. 2018年10月1日
  2. 加藤健治,西村幸男, 人工神経接続に対する柔軟な運動適応 臨床神経生理学 特集「BMI/BCIの応用に向け て」46巻1号:40-46.
  3. Chao Z. C., Sawada M, Isa T, Nishimura Y. Dynamic Reorganization of Motor Networks During Recovery from Partial Spinal Cord Injury in Monkeys. Cerebral Cortex, 2018; 1–15. doi: 10.1093/cercor/bhy172.
  4. Higo N, Sato A, Yamamoto T, Oishi T, Nishimura Y, Murata Y, Onoe H, Isa T, Kojima T. Comprehensive analysis of area-specific and time-dependent changes in gene expression in the motor cortex of macaque monkeys during recovery from spinal cord injury. J Comp Neurol. 2018 Jan 22. Vol 526:7. 1110-30. doi.org/10.1002/cne.24396

2017年

  1. 鈴木迪諒,西村幸男. トピック12“やる気”が脳に聞くわけ. 日常と非日常からみる こころと脳の科学, 宮崎誠, 阿部雅樹, 山田祐樹編. 66-71. コロナ社. 2017.
  2. 田添歳樹,西村幸男. 人工神経接続による革新的な脊髄機能再建法 脊髄外科 SPINAL SURGERY 31 巻 3 号 236-241, 2017.
  3. 鈴木迪諒,西村幸男. 心と身体運動を繋ぐ神経基盤~Neural Substrate for Bridging Mind and Motor Performance~. 計測と制御, 第56巻8号 p.584-587, 2017
  4. 西村幸男,野崎大地. アスリートの脳を理解する~Towards Understanding the Brain of an Athlete~. 計測と制御, 第56巻8号 p.561-562, 2017
  5. 田添歳樹,西村幸男. 脊髄損傷者へのBMI技術の利用 Journal of CLINICAL REHABILITATION2017 May 5 臨床リハ Vol.26 No.5:479-481.

2016年

  1. 笹田周作,西村幸男,神経活動依存的刺激を活用した脊椎損傷治療.-人工神経接続による脊髄損傷患者の随意歩行再建 に向けてー Jpn J Rehabil Med 2016 ,Vol.53 No.6:459-464.
  2. Kato K, Sasada S, Nishimura Y. Flexible adaptation to an artificial recurrent connection from muscle to peripheral nerve in man. J Neurophysiol. 2016 115:978-991.

2015年

  1. Sawada M, Kato K, Kunieda T, Mikuni N, Miyamoto S, Onoe H, Isa T, Nishimura Y. Function of the nucleus accumbens in motor control during recovery after spinal cord injury. Science. 2015 Oct 2;350(6256):98-101. doi: 10.1126/science.aab3825.
  2. Kondo T, Yoshihara Y, Yoshino-Saito K, Sekiguchi T, Kosugi A, Miyazaki Y, Nishimura Y, Okano HJ, Nakamura M, Okano H, Isa T, Ushiba J. Histological and electrophysiological analysis of the corticospinal pathway to forelimb motoneurons in common marmosets. Neurosci Res. 2015 Sep;98:35-44.
  3. 笹田周作,西村幸男”磁気刺激.-随意制御された経椎骨磁気刺激による脊髄損傷後の歩行機能再建に向け て”Clinical Neuroscience,Vol.33 No.7:835-838, 2015.
  4. 中尾弥起,笹田周作,西村幸男”脊髄内神経回路網による歩行制御.”Clinical Neuroscience,Vol.33 No.7:772-775, 2015.
  5. Murata Y, Higo N, Hayashi T, Nishimura Y, Sugiyama Y, Oishi T, Tsukada H, Isa T and Onoe H. Temporal Plasticity Involved in Recovery from Manual Dexterity Deficit after Motor Cortex Lesion in Macaque Monkeys. The Journal of Neuroscience, 7 January 2015, 35(1): 84-95.

2014年

  1. Morishita S, Sato K, Watanabe H, Nishimura Y, Isa T, Kato R, Nakamura T and Yokoi H. Brain-machine interface to control a prosthetic arm with monkey ECoGs during periodic movements. Front. Neurosci., 12 December 2014 | doi: 10.3389/fnins.2014.00417.
  2. Umeda T, Isa T and Nishimura Y. Proprioceptive information coded by populational sensory afferents. J Phys Fitness Sports Med, 2014 3(5):477-482.
  3. Sasada S, Kato K, Kadowaki S, Groiss SJ, Ugawa Y, Komiyama T, Nishimura Y. Volitional Walking via Upper Limb Muscle-Controlled Stimulation of the Lumbar Locomotor Center in Man. J Neurosci. 2014 Aug 13; 34(33):11131-42.
  4. Watanabe H, Sakatani T, Suzuki T, Sato MA, Nishimura Y, Nambu A, Kawato M, Isa T. Reconstruction of intracortical whisker-evoked local field potential from electrocorticogram using a model trained for spontaneous activity in the rat barrel cortex. Neurosci Res. 2014 October Vol 87, 40-48.
  5. Umeda T, Watanabe H, Sato M, Kawato M, Isa T, Nishimura Y. Decoding of the spike timing of primary afferents during voluntary arm movements in monkeys. Front. Neurosci., 2014 May 9;8:97 1-14.
  6. Chen C, Shin D, Watanabe H, Nakanishi Y, Kambara H, Yoshimura N, Nambu A, Isa T, Nishimura Y, Koike Y. Decoding grasp force profile from electrocorticography signals in non-human primate sensorimotor cortex. Neurosci Res. 2014 Jun;83:1-7.
  7. Isa T, Nishimura Y. Plasticity for recovery after partial spinal cord injury -hierarchical organization. Neurosci Res. 2014 Jan; 78:3-8.
  8. 加藤健治,西村幸男”脳と脊髄との神経結合を人工的に強化する.” BRAIN and NERVE.66(12):1481-1486,2014.
  9. 西村幸男. ”再生・再建の工夫 人工神経接続による神経補綴.” JOHNS, 2014 October Vol.30 No.10;1483-1487.
  10. 澤田真寛,加藤健治,尾上浩隆,伊佐 正,西村幸男“脊髄損傷からの回復期における側坐核の役割”脊髄外科 Vol.28 No.1:77-79, 2014.
  11. 西村幸男,伊佐 正. “大脳皮質と筋肉での振動性活動から脊髄損傷からの機能回復をみる”Clinical Neuroscience,Vol.32 No.7:773-776, 2014.

2013年

  1. Chen C, Shin D, Watanabe H, Nakanishi Y, Kambara H, Yoshimura N, Nambu A, Isa T, Nishimura Y, Koike Y. Prediction of hand trajectory from electrocorticography signals in primary motor cortex. PLoS One. 2013 Dec 27; 8(12):e83534.
  2. Nishimura Y, Perlmutter SI, Ryan WE, Fetz EE. Spike-timing dependent plasticity in primate corticospinal connections induced during free behavior. Neuron. 2013 Dec 4; 80(5):1301-9. doi: 10.1016/j.neuron.2013.08.028.
  3. Isa T, Kinoshita M, Nishimura Y. Role of Direct vs. Indirect Pathways from the Motor Cortex to Spinal Motoneurons in the Control of Hand Dexterity. Front Neurol. 2013 Nov 19; 4:191.
  4. Yamamoto T, Oishi T, Higo N, Murayama S, Sato A, Takashima I, Sugiyama Y, Nishimura Y, Murata Y, Yoshino-Saito K, Isa T, Kojima T. Differential expression of secreted phosphoprotein 1 in the motor cortex among primate species and during postnatal development and functional recovery. PLoS One. 2013 May 31; 8(5):e65701. doi:10.1371/journal.pone.0065701.
  5. Sugiyama Y, Higo N, Yoshino-Saito K, Murata Y, Nishimura Y, Oishi T, Isa T. Effects of early versus late rehabilitative training on manual dexterity after corticospinal tract lesion in macaque monkeys. J Neurophysiol. 2013 Jun; 109(12):2853-65.
  6. Nishimura Y, Perlmutter SI, Fetz EE. Restoration of upper limb movement via artificial corticospinal and musculospinal connections in a monkey with spinal cord injury. Front Neural Circuits. 2013 Apr 11; 7:57. doi: 10.3389/fncir.2013.00057.
  7. Kojima T, Higo N, Sato A, Oishi T, Nishimura Y, Yamamoto T, Murata Y, Yoshino-Saito K, Onoe H, Isa T. Functional annotation of genes differentially expressed between primary motor and prefrontal association cortices of macaque brain. Neurochem Res. 2013 Jan; 38(1):133-40. doi: 10.1007/s11064-012-0900-4.
  8. 佐藤圭太, 森下壮一郎, 渡辺秀典, 西村幸男, 加藤龍, 伊佐正, 横井浩史. “硬膜下電位からのサル捕食運動中の状態判別とロボットアーム動作決定.” 日本ロボット学会誌, Vol. 31, Issue 1, 51-59, doi: 10.7210/jrsj.31.51, February 17, 2013.
  9. 西村幸男 “神経活動依存的刺激による機能再建と神経可塑性の誘導.” 神経内科, 題79巻, 第4号:500-504, October 25, 2013.
  10. 西村幸男,伊佐正. “脊髄損傷後の機能回復を支える大脳辺緑系と大脳皮質運動野の機能的神経結合” 日本神経回路学会誌, Vol.20, No.3:135-142, September 5, 2013.
  11. 西村幸男 “脊髄神経回路への人工神経接続による随意運動機能の再建.” 医学のあゆみ, Vol.246, No.8: 582-587, August 24, 2013.
  12. 西村幸男 “人工神経接続による運動機能再建.” 脳21, Vol.16, No.1: 30-36, January 20, 2013.

2012年

  1. Umeda T, Seki K, Sato MA, Nishimura Y, Kawato M, Isa T. Population coding of forelimb joint kinematics by peripheral afferents in monkeys. PLoS One. 2012; 7(10):e47749. doi: 10.1371/journal.pone.0047749.
  2. Nishimura Y, Isa T. Cortical and subcortical compensatory mechanisms after spinal cord injury in monkeys. Exp Neurol. 2012 May; 235(1):152-61. doi: 10.1016/j.expneurol.2011.08.013.
  3. Shin D, Watanabe H, Kambara H, Nambu A, Isa T, Nishimura Y, Koike Y. Prediction of muscle activities from electrocorticograms in primary motor cortex of primates. PLoS One. 2012; 7(10):e47992. doi: 10.1371/journal.pone.0047992.
  4. Kinoshita M, Matsui R, Kato S, Hasegawa T, Kasahara H, Isa K, Watakabe A, Yamamori T, Nishimura Y, Alstermark B, Watanabe D, Kobayashi K, Isa T. Genetic dissection of the circuit for hand dexterity in primates. Nature. 2012 Jul 12; 487(7406):235-8.
  5. Watanabe H, Sato MA, Suzuki T, Nambu A, Nishimura Y, Kawato M, Isa T. Reconstruction of movement-related intracortical activity from micro-electrocorticogram array signals in monkey primary motor cortex. J Neural Eng. 2012 Jun; 9(3):036006. doi: 10.1088/1741-2560/9/3/036006.

2011年

  1. Nishimura Y, Onoe H, Onoe K, Morichika Y, Tsukada H, Isa T. Neural substrates for the motivational regulation of motor recovery after spinal-cord injury. PLoS One. 2011; 6(9):e24854. doi: 10.1371/journal.pone.0024854.
  2. Alstermark B, Pettersson LG, Nishimura Y, Yoshino-Saito K, Tsuboi F, Takahashi M, Isa T. Motor command for precision grip in the macaque monkey can be mediated by spinal interneurons. J Neurophysiol. 2011 Jul; 106(1):122-6.
  3. Yamamoto T, Higo N, Sato A, Nishimura Y, Oishi T, Murata Y, Yoshino-Saito K, Isa T, Kojima T. SPP1 expression in spinal motor neurons of the macaque monkey. Neurosci Res. 2011 Jan; 69(1):81-6. doi: 10.1016/j.neures.2010.09.010.
  4. 西村幸男,伊佐正. “脊髄損傷の回復機構.” 神経, Annual Review, 2011:1-9, January 25, 2011.

2010年

  1. Tsuboi F, Nishimura Y, Yoshino-Saito K, Isa T. Neuronal mechanism of mirror movements caused by dysfunction of the motor cortex. Eur J Neurosci. 2010 Oct; 32(8):1397-406. doi: 10.1111/j.1460-9568.2010.07395.x.
  2. Higo N, Sato A, Yamamoto T, Nishimura Y, Oishi T, Murata Y, Onoe H, Yoshino-Saito K, Tsuboi F, Takahashi M, Isa T, Kojima T. SPP1 is expressed in corticospinal neurons of the macaque sensorimotor cortex. J Comp Neurol. 2010 Jul 1; 518(13):2633-44. doi: 10.1002/cne.22356.
  3. 西村幸男,伊佐正. “機能修復の生理学-脊髄損傷後の運動機能回復における大脳皮質・皮質下での機能代償機構.” Clinical Neuroscience, Vol.28, October 1, 2010.
  4. 西村幸男,伊佐正. ”脊髄損傷後の手指の巧緻運動の機能回復に関わる中枢神経機構.” 老年医学, update 2009-10:162-170, June 25, 2009.

2009年

  1. Nishimura Y, Isa T. Compensatory changes at the cerebral cortical level after spinal cord injury. Neuroscientist. 2009 Oct; 15(5):436-44 doi: 10.1177/1073858408331375.
  2. Higo N, Nishimura Y, Murata Y, Oishi T, Yoshino-Saito K, Takahashi M, Tsuboi F, Isa T. Increased expression of the growth-associated protein 43 gene in the sensorimotor cortex of the macaque monkey after lesioning the lateral corticospinal tract. J Comp Neurol. 2009 Oct 20; 516(6):493-506. doi: 10.1002/cne.22121.
  3. Nishimura Y, Morichika Y, Isa T. A subcortical oscillatory network contributes to recovery of hand dexterity after spinal cord injury. Brain. 2009 Mar; 132(Pt 3):709-21. doi: 10.1093/brain/awn338.

2008年

  1. Nishimura Y, Isa T. 脊髄損傷後の手指の巧緻運動の機能回復に関わる中枢神経機構.”Brain mechanism for functional recovery of finger dexterity after spinal cord injury.” 日本老年医学会雑誌. 日本老年医学会. 45(5) 462-9 2008.Sep.25

2007年

  1. Nishimura Y, Onoe H, Morichika Y, Perfiliev S, Tsukada H, Isa T. Time-dependent central compensatory mechanisms of finger dexterity after spinal cord injury. Science. 2007 Nov 16; 318(5853):1150-5.
  2. Sato A, Nishimura Y, Oishi T, Higo N, Murata Y, Onoe H, Saito K, Tsuboi F, Takahashi M, Isa T, Kojima T. Differentially expressed genes among motor and prefrontal areas of macaque neocortex. Biochem Biophys Res Commun. 2007 Oct 26; 362(3):665-9.
  3. Nishimura Y, Onoe H, Morichika Y, Tsukada H, Isa T. Activation of parieto-frontal stream during reaching and grasping studied by positron emission tomography in monkeys. Neurosci Res. 2007 Nov; 59(3):243-50.
  4. 西村幸男,伊佐正. “皮質脊髄路損傷後の手指の巧緻運動の機能回復メカニズムー霊長類モデルでの研究-.“ BRAIN and NERVE, Vol.59 No.5:511-520, May 01, 2007.

2006年

  1. Nakajima T, Wasaka T, Kida T, Nishimura Y, Fumoto M, Sakamoto M, Takashi E. Changes in somatosensory evoked potentials and Hoffmann reflexes during fast isometric contraction of foot plantarflexor in humans. Percept Mot Skills. 2006 Dec; 103(3):847-60.
  2. 西村幸男,伊佐正. ”手の巧緻運動を支える皮質脊髄路とその損傷後の機能回復.” 実験医学, Vol.24 No.15:200-207, September 20, 2006.

2002年

  1. Nishimura Y, Nakajima Y. Effect of muscle length on the recruitment property of single motor units in humans. Neurosci Lett. 2002 Oct 25; 332(1):49-52.
  2. 宮崎総一郎,西村幸男,柴啓介. “スポーツと感覚・機能、スポーツと呼吸・発声.” ENTONI:6-10, November 15, 2002.

新聞記事

2022年10月 7日 朝日新聞「失った運動機能 復活できる?」「心の調整も 新治療への期待と悪用の懸念」
2022年 1月 3日 週刊医学界新聞[座談会]BCI研究が描く2050年の医療
2020年 1月24日 日経産業新聞「人工神経で手足動かす」「脊髄損傷・脳梗塞、回復早く」
2020年 1月 7日 EurekAlert! News Release An artificial neural connection allows a new cortical site to control hand movements
2019年11月 7日 MONOist 人工神経接続システムを用いて、まひした手を動かすことに成功
2019年10月29日 毎日新聞ヘルスデーニュース 脳梗塞のサル まひした手が「人工神経」で回復
2019年10月23日 医学NEWS 脳梗塞サルのまひした手、人工神経接続で再び動かすことに成功
2019年10月17日 Med It Tech 人工神経接続システムで「10分で機能再建」、脳梗塞からのリハビリ早期回復に光
2019年10月17日 日本の研究.com 手の運動機能を持たない脳領域に人工神経接続システムを使って新たに運動機能を付 与することに成功
2019年10月16日 日本経済新聞電子版 生理学研究所・京大など、手の運動機能を持たない脳領域に人工神経接続システムを 使って新たに運動機能を付与することに成功
2019年 7月29日 日経産業新聞に記事掲載「運動直前、脳が筋肉の動き予測」
2016年12月27日 デーリー東北 私見創見 「「役に立つ」研究」 早急に成果を求めるな
2016年 9月27日 デーリー東北 私見創見 「義足の独アスリート」 健常者を上回る脳活動
2016年 8月14日 デーリー東北 私見創見 「金メダルを獲る」 道のりを想像してみよう
2016年 7月21日 日経産業新聞「次世代の先導者」「陸上の夢、脳科学に託す」
2016年 6月28日 デーリー東北 私見創見 「コンピューターとの戦い」 ヒトは支配されるのか
2016年 5月 1日 朝日朝刊 先端人:まひした体 再起後押し
2016年 3月31日 Natureインタビュー 脳の運動野をトリガーに、損傷脊髄を迂回して機能を取り戻す(March 2016、Vol.531)
2016年 2月27日 デーリー東北 私見創見 「理系研究者の仕事とは」 心の高鳴りを“書く”こと
2016年 1月26日 デーリー東北 私見創見 「スポーツに脳は必要?」 一流選手の“脳”力は抜群
2016年 1月14日 朝日新聞 「脳出血によるまひ 改善のしくみ判明」
2016年 1月 1日 科学新聞 独自の神経補綴法を開発(第12回日本学術振興会賞)
2014年 8月19日 毎日新聞 腕の動き刺激に変換⇒足動く 生理研発表 下半身まひでも歩ける可能性
2014年 8月15日 読売新聞 腕振ると脚動く 脳の指令読み取り成功
2014年 8月15日 東海愛知 脊椎損傷者に光 人工神経回路で歩行機能再建へ 腕の筋肉の電気信号活用
2014年 8月14日 日本経済夕刊 腕の振りで脚動かす 歩行機能回復に道
2014年 8月14日 中日夕刊 腕振り信号 脚動かす 脊椎損傷でも歩行可能へ
2014年 8月14日 朝日夕刊 手の信号、足を動かす 脊椎損傷治療へ人工回路
2013年12月13日 日経産業 脳信号解読研究が加速 医療やリハビリに活用
2013年12月13日 科学新聞 脳と脊髄のつながり 神経接続装置で強化 「世界初」生理研など成功
2013年11月19日 読売新聞 大脳と脊髄 神経結合の強化成功 生理学研サル実験 リハビリに応用期待
2013年11月 8日 朝日夕刊 脳と脊髄結ぶ神経を増幅 生理学研 身体機能回復に光
2013年11月 8日 毎日夕刊 大脳と脊髄 人工的に神経強化 まひ患者機能再建も 生理研サルで成功
2013年11月 8日 東海愛知 脳と関図のつながり強化に成功 生理研・西村准教授ら
2013年11月 8日 日刊工業新聞 脳指令で脊髄に電気信号 生理研 小型の神経接続装置を開発
2013年11月 8日 中日新聞 大脳と脊髄つなぐ 人工回路で神経を強化
2013年11月 8日 共同通信 電子回路でまひ手足回復も 愛知の研究所、米誌に発表
2013年 8月29日 読売東京版 駆ける 西村幸男氏 脳と神経を人工接続
2013年 5月 3日 科学新聞 脊髄損傷部位をバイパス サルの手の機能回復に成功-生理研など人工神経接続技術開発-
2013年 4月12日 読売新聞 電子回路で神経接続 脊髄損傷サル 手を動かせた 生理学研究所
2013年 4月12日 日本経済新聞 脊髄損傷の治療 サルで実験成功 生理学研究所など
2013年 4月12日 日刊工業新聞 脊髄神経を人工接続 自然科学研究機構 外部コンピュータ介し
2013年 4月12日 東海愛知 「人工神経」で運動機能回復へ 岡崎・生理研の西村准教授ら研究
2013年 4月11日 毎日新聞 脊髄損傷でも手動く! 生理学研、サルで技術開発
2013年 4月11日 朝日新聞 脊髄損傷部迂回し信号 岡崎の生理学研 サルで実験 不自由な手足の治療に応用も
2013年 4月11日 中日新聞 脳と損傷脊髄 接続成功 まひしたサル動いた 岡崎・生理研が開発
2012年12月16日 日本経済新聞 SUNDAY NIKKEI やる気脳の働き解明へ 我慢強さもつかさどる
2012年 6月 8日 科学新聞 脳内部の神経活動をやさしく正確に推定 脳表面に電極シートを貼るだけ 生理研
2012年 4月20日 科学新聞 平成24年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞受賞者
2011年10月21日 科学新聞 やる気だすとリハビリ効果アップ 科学的に証明 大脳辺縁系の活動度高まる 生理研など成果
2011年10月 5日 日経産業新聞 元気・やる気 気持ちが一役 リハビリでの運動機能回復 神経回路新生、サルで実証
2011年10月 4日 中日新聞 「やる気」の向上 リハビリに効果 岡崎・生理研など実験
2011年 9月30日 日刊工業新聞 モチベーションがリハビリ効果に関与 脳科学的に証明 生理学研など
2011年 9月29日 読売大阪版 やる気リハビリ効果アップ 自然科学研、サルで証明
2011年 9月29日 産経新聞 「やる気」リハビリ効果 脳科学的に解明 理研など
2009年 2月 6日 科学新聞 脊髄損傷からの機能回復 指の筋肉活動が手助け

メディア

2022年 8月28日 BSフジ「ガリレオX」
2022年 1月27日 NHKBSプレミアム「ヒューマニエンス」
2018年11月16日 映画「人魚の眠る家」監修
2017年 3月24日 情報・知識&オピニオン imidas 人工神経接続は脊髄損傷のマヒを治せるか
2014年 8月27日 CBCラジオ 丹野みどりの よりどりっ!
2013年 4月11日 CBCテレビ 傷ついた脊髄を人工的につないで手を自在に動かす「人工神経接続」技術を開発
2013年 4月12日 NHKテレビ 傷ついた脊髄を人工的につないで手を自在に動かす「人工神経接続」技術を開発

NAME

Yukio Nishimura, Ph.D

Current Position

Project Leader, Neural Prosthesis Project, Department of Dementia and Higher Brain Function, Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science, Tokyo, JAPAN

Educational Background

2003 Completed the doctoral course in University of Chiba, faculty of Medicine.
2003-2007 Postdoctral Fellow, National Institute for Physiological Sciences.
2007-2010 Visiting Scientist in University of Washington.
2009-2014 Researcher, PRESTO-JST.
2011-2016 Associate Professor, National Institute for Physiological Sciences.
2016-2017 Associate Professor, Kyoto University
2017-now

Research Area

Motor control, Neurorehabilitation, Brain computer interface.

Awards

  1. 2010 Young Investigator Award, Japanese Neuroscience Society
  2. 2011 Promotion Award of the Physiological Society of Japan for Young Scientists
  3. 2012 The Young Scientists’ Prize, The Commendation for Science and Technology by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology
  4. 2013 Special Award, Innovative Technology, Ministry of Economy, trade and Industry
  5. 2015 12th (FY2015) JSPS PRIZE Awardees